Granny Squares from Tohoku for Tohoku – 東北から東北へのグラニース・クエア

Last week I received an envelope from Miyaki Prefecture. A crocheter in Tohoku has made 6 Granny Squares in bright beautiful colors.

先週、私は宮城県から封筒を受け取りました。東北のかぎ針編みをする女性は、明るく美しい色で、グラニース・クエア6枚を作りました。

Knitting workshop in Miyagi – 宮城県の編み物ワークショップ

Here are some pictures of the knitting workshop “Amimono Ochakko”( -it means ‘knitting tea party’ in Tohoku dialect) in Miyagi on April 8th-9th. organized by Mrs. Sato, who is running “Smile Knit“. She visited me a couple of weeks ago and we selected a large box of mainly cotton yarn for for her.

On the 8th Mrs. Sugimoto and her family made their debut as knitting instructors at a temporary housing facilities in Natori-shi (very close to Sendai Airport). I had introduced both ladies to each other last month and both immediately exchanged emails to set up a socks-knitting workshop. Mrs. Sugimoto’s 11 year old daughter joined and helped out as an assistant knitting teacher. About from 15 to 17 ladies living at the temporary housing facility enjoyed knitting socks for 3 hours. I had send them a box of yarn and other knitting tools, which will stay there keeping everybody busy for some time.

この写真は “ニットスマイル“を実行している佐藤さんから来ました。4月8日〜9日、宮城県で編み物のワークショップをしました。佐藤さんは数週間前に私を訪問し、一緒に綿糸の大きなボックスを集まりました。

今週の8日杉本さんと杉本さんの娘と一緒に名取市の仮設住宅で編み物先生のデビューを果たした。私はお互いに先月に両方の女性を紹介した、二人はすぐに靴下編みワークショップするためには、ワークショップを計画しました。杉本さんの11歳の娘がアシスタント編み物講師として手伝いました。仮設住宅に住んで約15〜17の女性は3時間編む靴下を楽しんだ。私はワークショップのために毛糸や針をいくつを送って、残った毛糸が、皆さんにしばらく忙しくなります。

3 more boxes for Tohoku – 東北のため箱3つ

This morning I packed 3 more boxes for Tohoku. One is going to the temporary housing facility in Iwate. I am sending them more shawls and scarves. The other one is for Fukushima and quite large. I had a number of cardigans, shawls and other warm items, which should still be useful. The last box is the first one for a temporary housing facility in Miyagi. Some of the residents want to knit and were asking for yarn and needles. All should arrive by tomorrow.

今朝、私は東北のために箱3個を準備しました。一つは、岩手県の仮設住宅施設のためです。多くのショールやマフラーを送ります。もう一つは福島県のためであり、けっこ大きいです。カーディガン、ショール、まだ暖かい作品を送ります。最後のボックスには、宮城県の仮設住宅施設の最初のものです。住民は編み物したいので毛糸、針や本を求めていました。すべては明日までに到着するだと思います。

More warm knits for the kids in Tohoku- 東北の子供のためのより暖かいニット

Just packed another box with lots of hats, scarves, sweaters, some toys and books. It’s all going on its way this afternoon.

この先、東北の子供のために帽子、マフラー、セーターや本を集まりました。それはすべて今日の午後のように起こっています。

4 more boxes for Tohoku – 東北のためさらに4箱

Today I packed 4 more boxes with your items for Tohoku. One is going with a lot of hats, socks, scarves and amigurumi to a children’s center in Iwate.

今日は東北のためのあなたの項目で4以上の箱を送りました。一つは、岩手の子どもたちのセンターに帽子、靴下、マフラーやあみぐるみの多くで送りました。

2 boxes also with hats, jackets, scarves, wrist warms and many of the knittings I got from Aomori are going to a tsunami center in Iwate.

また2箱は、岩手県で津波のセンターとしている帽子、ジャケット、マフラー、リストウォーマー、青森から編物を集まりました。

The last shipping is for a family of a friend with 3 girls, who lives in Miyagi and has lost their home.

最後の荷物は、宮城県に住んでいる友達の友達の5人の家族のためです。

Including these 4 I have now sent a total of 21 boxes to various places in Tohoku. Keep knitting, there are still a lot of people in need of some warm hats, scarves or gloves.

これら4つを含めて、今まで、東北の様々な場所に21箱を送信されました。これからも皆様を編み続けて下さい。、暖かい帽子、マフラーや手袋を必要とする人々の多くがいます。

Sendai Festival – みやぎの・まつり 参加してきました

The knitting group from Sendai took part in a local festival last Sunday. A report and some pictures are published here.

仙台にある編み物グループは先週の日曜日にみやぎの祭りを参加してきました。その時の記事です。

現地からのレポート <助けあいジャパン>: みやぎの・まつり 参加してきました

Another knitting group at Higashi Matsushima – 東松島でもう一つの編み物グループ

Through Mixi I was contact from another knitting group at Higashi Matsushima. They will start next week with about 10 people. Today, I have sent them a box of yarn, needles and knitting books as a starter-kit.

私は東松島でもう一つの編み物グループがMixiから接触されました。約10人で来週始まります。今日、スターターキットのような糸、針、編み物の本の箱を送信されました。

Pictures from Higashi Matsushima – 東松島からの写真

The lady, who is organizing the knitting group in Higashi Matsushima has send me several pictures. They show some of her members and items they have knitted and crocheted.

東松島の編み物教室を組織している女性は、私にいくつかの写真を送信しています。編み物教室のメンバーとニットやかぎ針ているアイテムのいくつかを示しています。

90 woolly hats for Tohoku – 東北のために帽子90枚

For the parents of my colleague in Iwate, who lost their home and now live at a temporary housing facility, I prepared 2 boxes with over 90 woolly hats, scarves, shawls and other items you all have send me over the summer. Yesterday I shipped them, so everything should arrive today.

現在、岩手県の仮設住宅施設に住んでいる同僚の両親のために、90以上の羊毛の帽子、マフラー、ショールや他の項目で2箱を用意しました。昨日、それらを出荷、すべては今日到着するはずです。

The knitting club in Higashi Matsushima had also asked for thick yarn, knitting needles and crochet hooks. Over the past days I got a nice amount together and yesterday sent it off.

東松島の編み物クラブにも太い糸、編み針やかぎ針編みの針を求めていました。過去日間にいくつを持って、昨日はそれを送りました。

Wool, needles and books for Tohoku – 毛糸、針や本を東北へ

Last weekend I had 2 requests for yarn and needles. One came from the knitting group at the temporary housing facility in Sendai. They started a couple of weeks ago and asked for more yarn.

先週末、私は毛糸と針の2の要求を持っていました。一つは、仙台市で仮設住宅の編み物グループから来ました。数週間前に開始し、より多くの毛糸を送りました。

The other is from a group in Higashi Matsushima. They were asking for a started kit for about 30 people. Now, I could include some of the knitting books I got from Gosyo and a lot of the needles I got from Germany.

他の要求は、東松島のグループから来ました。約30人のための開始キットを求めて欲しいです。今、Gosyoの編み物の本 ‘Simple Knit’やドイツから届いた針をいくつかを含めることができます。

Over the last 2 days I packed the boxes and will send them today. My plan was to ship them yesterday, but with the taifun ‘Roke’ approaching I thought it would be safer to wait another day.

最後の2日間にわたって、私は箱を梱包し、今日に送ります。計画は、昨日それらを出荷することでしたが、台風”Roke”が近づいてそれが別の日を待つ方が安全だと思いました。

I still have a good amount of yarn left, but with cooler weather coming I guess this will go soon. So if you have some yarn to spare wool, especially 100% wool or other animal fiber, please put some together for me.

まだ毛糸の良い量を持っていますが、涼しい天候が来るとこれがすぐに送ると思います。特に100%の羊毛やそのような毛糸を持っているのであれば、寄付して下さい。