Yomiuri Culture Exhibition – よみうりカルチャー展 読売新聞本社ビルで開催中

yomiuri_culture02Yomiuri Culture is hosting an exhibition at the new head office in Otemachi. The exhibition opened yesterday at the gallery on the 2nd floor. Until September 13. ‘Knit for Japan’ is displaying motifs and blankets.

On August 20th and 26th we will have workshops to connect motifs into blankets. Download a flyer.

よみうりカルチャーの魅力を紹介する展覧会「よみうりカルチャー展」が8月12日、読売新聞東京本社ビル3階の「よみうりギャラリー」(東京都千代田区大手町)で始まりました。

【関連イベント】

ドイツ人ニット作家のベルンド・ケストラー講師による「Knit for Japan」(東日本大震災被災地にブランケットを贈る支援活動)のモチーフつなぎを、本ギャラリー前で行います。参加無料。ギネス記録にもつながる挑戦に、ご協力ください。

  • 8月20日(水)午前10時~午後4時
  • 8月26日(火)午前10時~午後4時

【本展とイベントの問い合わせ先】よみうりカルチャー(03・3642・4301)チラシはこちらです。

 

Final event

kfj_popFor our final event on September 20th in Ishinomaki to connect all blankets into one large piece, we are looking for volunteer. If you like to join and crochet yourself into history, please let me know.

ドイツ生まれのニット男子”ベルンド・ケストラー”さんが呼び掛けで開始した、世界一大きなグラニースクウェア・ブランケットを作成し東北の被災地の方へお届けする 慈善活動、”Knit for Japan(ニット・フォー・ジャパン)”が
いよいよ、9月20日(土)に宮城県石巻市総合体育館にて完成することとなりました!
当初、7150枚を目標としておりましたが、世界中から10,000枚を超えるモチーフがケストラーさんの元へ届けられました。
現在モチーフを1m×2mの1人分サイズにし準備を進めております。

そして、当日20m×20mの超特大ブランケットとして1つになります。

現在、9月20日当日にモチーフ繋ぎにご協力下さるボランティアの方を
募集しております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

 

Connect motifs – モチーフを会わせる

kfj_granny0210私はまだモチーフの数を持っています。それは、会わせるごとが必要があります。皆様が日本に住んでいて、これで私を助けることができる場合は、連絡を取ってください。 急便で送るごとが出来ます。私は十分なモチーフを持っています。  是非、皆様、参加して下さい。東北の皆さんに素晴らしいブランケットを作りましょう。

I still have a number of motifs, that needs to be connected. If you live in Japan and can help me with this, please get in touch. I can send you the motifs by delivery service. At the moment, I have enough motifs. Just looking for help connecting them.

 

118 more Granny Squares – 118枚もっとグラニー・スクエア

It is great to see more squares are coming in. I received 118 of colorful motifs, some already crocheted together to small blankets.

それは、より多くのグラニー・スクエアが届くのは素晴らしいことです。私はカラフルなモチーフの118枚を受け、いくつかはすでに小さな毛布に一緒に会わせました。

6 more boxes of Granny Squares and yarn – グラニース・クエアと毛糸

Over the past week I got 6 more quite large boxes of “Granny Squares” and yarn. It will take me some days to go through and post pictures of them all. Below I post pictures of one of the boxes here from Japan I opened today.

過去一週間の間、私はグラニース・クエアと毛糸のけっこ大きい箱6コが届きました。それは通過し、それらすべての写真を投稿するには何日かかかります。今日の写真は日本から来たのグラニース・クエアです。

Video: ‘Knit for Japan’ on TV Kanagawa – ビデオ:テレビ神奈川で’Knit for Japan’

On March 9th 2012 TV Kanagawa  broadcasted a program for the first commemoration of the Tohoku Great Earthquake and Tsunami. They have kindly included ‘Knit for Japan’ in it. During the program they called one of the temporary housing facilities, who received many of the hats and other warm items you all knitted.

今年3月9日は東北地方太平洋沖地震の最初の記念になります。テレビ神奈川では、そのためのプログラムを生産しました。TVKはその中に”Knit for Japan”親切に含まれていました。プログラムの間に、皆さんから作った帽子が届いた仮設住宅を電話しました。

Yarn, Needles, Amigurumi – 毛糸、針やあみぐるみ

Over the past days I received several parcels from the US and Japan. Knitters have send me beautiful yarn and a lot of needles and crochet hooks. On knitter included several cute amigurumi, which will make some kids smile.

過去日間に私は、アメリカと日本からいくつかの小包を受け取りました。編み物の方は美しい毛糸と針とかぎ針編みのフックの多くを送りました。一人の編み物の方からいくつの編みぐるみが届きました。それはいくつかの子供たちの笑顔をします。

Artist for Tohoku – 東北のためアーティスト

Some time ago the artist Anne Schreivogl contacted me. Many years ago she had lived in Japan. Now she wanted to return the kindness and deliver some of her painting to Tohoku. You can read about her “Japan Painting Project” on her blog, with many of the pictures she took in Sendai and Ishinomaki.

After returning she has sent me several of her cards, knits and  yarn together with one of the folded origami hearts. A truly inspiring journey.

何ヶ月間前に作家アン シュライフォーゲルさんからメールが届きました。何年も前に、彼女は日本に住んでいました。今、彼女は優しさを返し、東北に自分で作った絵を仮設住宅に持って行きました。アンのブログで”日本絵画·プロジェクト”を読むことができます。仙台と石巻市で撮った写真の多くを見ることができます。

帰国後、アンさんは絵カード、、ニット作品、毛糸や折り紙ハートいくつか送りました。本当に感動の旅だと思います。

Rainy day, just right for knitting – 雨の日, 編み物にぴったり

It has been raining here in Yokohama since last evening. All cherry blossoms have been washed of the trees and many streets on my way home are all pink. This is just the right weather to spend an afternoon knitting, maybe some hats or socks. The same must have thought a Japanese lady, as she has sent me a bag full of hats and other warm knits.

昨日の夕方から横浜で雨が降っています。すべての桜の木から花は洗浄されています。私の帰り道の多くがすべてピンクです。このような天気は編み物のためちょうど良いだと思います。例えば、靴下とか帽子でも良いです。同じことは日本の女性を考えただと思います。彼女からいくつの帽子と他の暖かいニットが届きました。

Knitting workshop in Miyagi – 宮城県の編み物ワークショップ

Here are some pictures of the knitting workshop “Amimono Ochakko”( -it means ‘knitting tea party’ in Tohoku dialect) in Miyagi on April 8th-9th. organized by Mrs. Sato, who is running “Smile Knit“. She visited me a couple of weeks ago and we selected a large box of mainly cotton yarn for for her.

On the 8th Mrs. Sugimoto and her family made their debut as knitting instructors at a temporary housing facilities in Natori-shi (very close to Sendai Airport). I had introduced both ladies to each other last month and both immediately exchanged emails to set up a socks-knitting workshop. Mrs. Sugimoto’s 11 year old daughter joined and helped out as an assistant knitting teacher. About from 15 to 17 ladies living at the temporary housing facility enjoyed knitting socks for 3 hours. I had send them a box of yarn and other knitting tools, which will stay there keeping everybody busy for some time.

この写真は “ニットスマイル“を実行している佐藤さんから来ました。4月8日〜9日、宮城県で編み物のワークショップをしました。佐藤さんは数週間前に私を訪問し、一緒に綿糸の大きなボックスを集まりました。

今週の8日杉本さんと杉本さんの娘と一緒に名取市の仮設住宅で編み物先生のデビューを果たした。私はお互いに先月に両方の女性を紹介した、二人はすぐに靴下編みワークショップするためには、ワークショップを計画しました。杉本さんの11歳の娘がアシスタント編み物講師として手伝いました。仮設住宅に住んで約15〜17の女性は3時間編む靴下を楽しんだ。私はワークショップのために毛糸や針をいくつを送って、残った毛糸が、皆さんにしばらく忙しくなります。