This Friday “Knit for Japan” on TV Kanagawa – 今週の金曜日“Knit for Japan” はテレビ神奈川で

Aside

This week Friday, I will be again live on TV Kanagawa at their program ‘Arigato’ to present on “The Granny Square Project”. I will bring many of your beautiful squares to show on the program, so you might see your motif on TV.

Here the details:

  • TV Kanagawa (tvk) digital 3 ch
  • Program: Arigato
  • Date: Friday, March 8th, 2013
  • Time: 12:00 – 14:00 live ‘Knit for Japan’ from about 12:30

今週の金曜日、私は”グラニー・スクエア・プロジェクト”を紹介する再びテレビ神奈川の”ありがとう”と言う番組で表示されます。

私はあなたの美しいスクエアの多くは、番組で表示するために持って来るので、あなたはテレビで自分で編んだモチーフが表示される場合があります。

  • テレビ神奈川(tvk)デジタル3ch
  • 番組名:「ありがとッ!
  • OA 日:月曜~金曜12:00~14:00 LIVE、生放送ご紹介させていただくコーナー:金曜日12:30~「教えて!ポップ先生」
  • 2013年3月8日

More Granny Squares – もっとグラニー・スクエア

More squares arrived here at my place over the past days. Little by little the numbers are increasing. As I have quite an amount together I am now starting to look for people helping me to crochet them together.

先週、より多くのグラニー・スクエアが届きました。スクエアの数字少しずつ増えています。たくさんあるので一緒にスクエアを会わせる編み物の方を探しましょう。

Colorful hats and scarves – カラフルな帽子とマフラー

Tomorrow, I will send one more box to Tohoku. Included will be some colorful hats and scarves I had received recently.

明日、私は東北にもう一つ箱を送ります。最近受け取ったカラフルな帽子とマフラーを含まれています。

More knits for Fukushima – 福島よりニット

Yesterday I sent another large box full of hats, scarves and other warm items to Fukushima. Today I received notice that it has arrived and will be distributed.

昨日、福島に帽子、マフラーや他の暖かい作品の大きなボックスを送信しました。今日、私はそれが到着しており、配布されるというメールを受け取りました。

Many woolly hats from Australia – オーストラリアから多くの帽子

A gifted knitter from Australia has send me a bag full of woolly hats and some other warm items. The people at a temporary housing facility in Fukushima had asked for more knits, so the hats will go there this week.

オーストラリアにいる編み物の方から暖かい帽子や他のいくつかの作品が届きました。福島県の仮設住宅施設の人々はまた帽子が欲しいので今週中を送ります。

Message from Fukushima – 福島からのメッセージ

After the box arrived in Fukushima, I have asked my contact there, if she could use more warm knits. She has send me the following message. I hope my translation makes sense. If you have any woolly hat, scarf, gloves or a pair of socks you could spare, please send it over to me. I am packing another box this week.

After the nuclear accident in Fukushima, many towns with large number of people have been evacuated.  One of such place is Okuma-machi and the people now are in a temporary housing facility in Aizu-Wakamatsu City, where there is a lot of snow.  Form the items you have sent I have pass on to people from Okuma-machi, and  there are still people who would like some items it is really helpful to many people.

先週、福島の方に色々な作品を送りました。昨日、あそこにいる担当者を連絡し、また作品が欲しいを聞きました。彼女は私に以下のメッセージを送りました。何か毛糸の帽子、マフラー、手袋や靴下を物と、私にそれを送ってください。今週、作品を集まって、送ります。

福島は、原発事故で、その町ごと避難してるので、人数が多いです。原発のある所は、大熊町いう所にあるのですが、雪の多い会津若松市の仮設住宅にいます。2回目の箱から、30枚程大熊町の方々に差し上げたのですが、実は、「欲しい人がまだ何人もいるんです」と連絡頂いてたので、昨日着いた荷物から大熊町の人に渡す予定でいたのですがまた、送っていただけるのでしたら、1人でも多くの人に、さしあげれるので本当に助かりますし、嬉しいです。沢山いただいてばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Germany: Final Parcel No. 6 & 7 – ドイツから最後、第6&7の小包

Before sending the box of items to Fukushima I opened the last 2 boxes I got from Germany. More scarves, hats, neckwarmers and yarn. All are already in Fukushima keeping someone warm.

福島への作品を送信する前に私がドイツから持って最後の2箱を開けました。より多くのマフラー、帽子、ネックウォーマーと毛糸が届きました。それと他の作品と一緒にすべては誰か暖かく保ちされています。