11.250 Granny Squares in on blanket

When I started this project in 2012, I could not envisioned what we completed yesterday at Ishinomaki. On Saturday, September 20th, together with many friend and supporters we completed our world record blanket. The event was our attempt to break the current Guinness World Record for the world’s largest crochet blanket of  306.2 m². 

The final count of the blanket is:

  • 11,250 Granny Squares of 20 x 20 cm,
  • Finished size 476,78 m²

The blanket has now been made into smaller blankets to be given to victims of the 2011 earthquake and Tsunami in the Tohoku area.

This slideshow requires JavaScript.

私は2012年にこのプロジェクトを始めました。これは大きな成功を収めました。 昨日、9月20日石巻で多くの友人や支援者と一緒に世界記録ブランケットを完了した。 イベントは306.2㎡の世界最大のかぎ針編みの毛布の現在のギネス世界記録を破るために私たちの試みでした。

ブランケットの最終カウントは、次のとおりです。

  • 11,250 モチーフ (20 x 20 cm),
  • 出来上がたサイズ 476,78 m²

ブランケットは現在、小さな毛布に戻って、東北地域の2011年の地震と津波の被災者にプレゼントします。

Knit for Japan in the German news

DSC_0248The German Press Agency has kindly  mentioned ‘Knit for Japan’ in an article to their subscribing newspapers. 2 German newspapers already have published the article. Here the link to the article on Main-Netz. Of course, the article is written in German.

ドイツのプレス庁は親切に’Knit for Japan’について記事を作りました。ドイツにある二つの新聞がその記事を発表しています。こちらで読んで下さい。ドイツ語です。

Roll of 10 blankets – 10枚のロール」

kfj_roll03We have wonderful warm weather today. So I took the roll of 10 blankets outside, to take a pictures. The piece is 20m long and 1 m wide. Next week, we will connect 20 of such rolls into our blanket of 400 sqm.

kfj_roll02今日はとても良い天気です。だから、「10枚のロール」を外に持って行って、の写真を取りました。来週の石巻のイベントでそのようなロール20枚が400sqmのブランケットのために繋ぎます。

The Japan News article

Aside

The Yomiuri Shinbun

The Yomiuri Shinbun

The Japan News published a very kind article about our ‘Granny Square Project’. I am still can’t believe, that we will make the 400 sqm blanket next week.

The Japan Newsは[Knit for Japan]についてとても親切な記事を掲載しました。来週400sqmのブランケットを作るのはまだ信じられないです。

Granny Squares from Tohoku for Tohoku – 東北から東北へのグラニース・クエア

Last week I received an envelope from Miyaki Prefecture. A crocheter in Tohoku has made 6 Granny Squares in bright beautiful colors.

先週、私は宮城県から封筒を受け取りました。東北のかぎ針編みをする女性は、明るく美しい色で、グラニース・クエア6枚を作りました。

Knitting workshop in Miyagi – 宮城県の編み物ワークショップ

Here are some pictures of the knitting workshop “Amimono Ochakko”( -it means ‘knitting tea party’ in Tohoku dialect) in Miyagi on April 8th-9th. organized by Mrs. Sato, who is running “Smile Knit“. She visited me a couple of weeks ago and we selected a large box of mainly cotton yarn for for her.

On the 8th Mrs. Sugimoto and her family made their debut as knitting instructors at a temporary housing facilities in Natori-shi (very close to Sendai Airport). I had introduced both ladies to each other last month and both immediately exchanged emails to set up a socks-knitting workshop. Mrs. Sugimoto’s 11 year old daughter joined and helped out as an assistant knitting teacher. About from 15 to 17 ladies living at the temporary housing facility enjoyed knitting socks for 3 hours. I had send them a box of yarn and other knitting tools, which will stay there keeping everybody busy for some time.

この写真は “ニットスマイル“を実行している佐藤さんから来ました。4月8日〜9日、宮城県で編み物のワークショップをしました。佐藤さんは数週間前に私を訪問し、一緒に綿糸の大きなボックスを集まりました。

今週の8日杉本さんと杉本さんの娘と一緒に名取市の仮設住宅で編み物先生のデビューを果たした。私はお互いに先月に両方の女性を紹介した、二人はすぐに靴下編みワークショップするためには、ワークショップを計画しました。杉本さんの11歳の娘がアシスタント編み物講師として手伝いました。仮設住宅に住んで約15〜17の女性は3時間編む靴下を楽しんだ。私はワークショップのために毛糸や針をいくつを送って、残った毛糸が、皆さんにしばらく忙しくなります。

3 more boxes for Tohoku – 東北のため箱3つ

This morning I packed 3 more boxes for Tohoku. One is going to the temporary housing facility in Iwate. I am sending them more shawls and scarves. The other one is for Fukushima and quite large. I had a number of cardigans, shawls and other warm items, which should still be useful. The last box is the first one for a temporary housing facility in Miyagi. Some of the residents want to knit and were asking for yarn and needles. All should arrive by tomorrow.

今朝、私は東北のために箱3個を準備しました。一つは、岩手県の仮設住宅施設のためです。多くのショールやマフラーを送ります。もう一つは福島県のためであり、けっこ大きいです。カーディガン、ショール、まだ暖かい作品を送ります。最後のボックスには、宮城県の仮設住宅施設の最初のものです。住民は編み物したいので毛糸、針や本を求めていました。すべては明日までに到着するだと思います。